痛みやしびれでお困りの方はご相談ください

1.当院の基本方針

当院の基本的な治療方針は部分的症状にとらわれず、全身との関連で診療することです。
鬱、不安障害などに対する心のケアも大切に考え、どんな些細な症状もおろそかにしません。
痛み、しびれ、麻痺、冷え等の自覚症状があっても病院の検査で異常が見つからない方、ご相談ください。

2.初診時でもご安心ください

初診時には診察の結果とどのくらい良くなるか、どのくらいの頻度で治療が必要かをご説明し患者様にご納得していただいた上で治療を始めます。
その診察の結果、治療に至らなかった場合は代金は一切いただきません。
また当院のみで十分な対応が出来ない場合は大学病院など適切な医療機関をご紹介します。

3.安心のディスポーザブル鍼

当院で使用する針はすべて使い捨てです。
1本づつ滅菌、梱包されており、使用する直前に開封するので清潔かつ安全です。

初めての方はこちら

脊柱管狭窄症には鍼灸が効果的。原因や症状、治療法を解説

腰や下肢

脊柱管狭窄症について原因や症状、治療法を解説します。
こちらも合わせて御覧ください→腰痛と足の痺れの関係性

脊柱管狭窄症はどんな病気?

脊柱管狭窄症とは脊椎内部の神経の通路である脊柱管が狭くなることにより、神経組織が圧迫されてその周囲や神経の走行によって痛みや痺れ等の症状が出現する病気です。

脊椎の模型

脊柱管は脳から続く脊髄神経の通り道で、全身に張り巡らされる神経の根のようなものです

脊柱管狭窄症の原因は?

ヘルニアの模型
加齢による骨や靭帯の変性によるものや、すべり症、椎間板ヘルニアといった病気が引き起こす場合があります。

よく椎間板ヘルニアで腰が痛いという話を聞きますが、椎間板ヘルニア自体は痛みを引き起こすものではありません。椎間板ヘルニアとは背骨と背骨の間のクッションのような役割をしている椎間板が、強い衝撃や過負荷など何らかの理由によって外に飛び出した状態をいいます。その飛び出した椎間板が神経を圧迫すると痛みや痺れを引き起こします。

脊柱管狭窄症の症状は?

腰部、臀部、大腿部、下腿部の激痛や痺れ、脱力、冷えによる起居困難、歩行困難などの症状が現れます。

歩くことも辛く、一定時間休んではまた歩くということを繰り返す「間欠性跛行」と呼ばれる症状が特徴です。

脊柱管狭窄症の治療法は?

病院で受けられる一般的な治療では投薬や注射などです。多くの場合「湿布を貼り、痛み止めの薬を飲んで様子を見てください」と言われ帰されます。ですがそんな楽な症状であればそもそも多くの方が悩まされるような病気ではありません。それでも改善が見られなかったり、悪化していく場合は外科手術による治療が勧められます。言わずもがな手術は最終手段です。

鍼灸は脊柱管狭窄症に効果がある?

脊柱管狭窄症には神経根型と馬尾型と呼ばれる2種類の症状(補足)があり、鍼灸治療は神経根型の脊柱管狭窄症などの神経の圧迫による難治性の疼痛に著効を示します。

脊椎と脊椎の圧迫を生み出している筋肉の緊張をほぐし、炎症を抑えることで痛みや痺れに改善が見られます。

コメント

  1. 西原幸春 より:

    3.4カ月前から脊柱管狭窄症に、なりまして針治療別の医院で整骨治療をしました。ほとんど痛くなくなり
    、もう少しで治ると思います、今、行ってる鍼灸院は、引き伸ばし治療をされてるように思われます
    的確な治療を望んでます、早く治したい、現在は無理をしなければ痛くありません、ただ、仕事をしてるので、仕事中、仕事終わりは、足腰が痛いです。

    • 西原幸春様 お問い合わせありがとうございます。

      脊柱管狭窄症の痛みが完全に取れず、悩んでおられるということですね。
      その症状が出てからまだ数ヶ月と日が浅く、実際に見せていただければどれくらいの治療が必要か分かりますので、一度ご来院されることをおすすめします。
      なお、ご予約はお電話いただければ、すぐにご返事が差し上げられますので宜しくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました