痛みやしびれでお困りの方はご相談ください

1.当院の基本方針

当院の基本的な治療方針は部分的症状にとらわれず、全身との関連で診療することです。
鬱、不安障害などに対する心のケアも大切に考え、どんな些細な症状もおろそかにしません。
痛み、しびれ、麻痺、冷え等の自覚症状があっても病院の検査で異常が見つからない方、ご相談ください。

2.初診時でもご安心ください

初診時には診察の結果とどのくらい良くなるか、どのくらいの頻度で治療が必要かをご説明し患者様にご納得していただいた上で治療を始めます。
その診察の結果、治療に至らなかった場合は代金は一切いただきません。
また当院のみで十分な対応が出来ない場合は大学病院など適切な医療機関をご紹介します。

3.安心のディスポーザブル鍼

当院で使用する針はすべて使い捨てです。
1本づつ滅菌、梱包されており、使用する直前に開封するので清潔かつ安全です。

初めての方はこちら

テーピング《目的》

テーピング テーピング
  • 第1回:テーピング《目的》
  • 第2回:テーピング《注意点とポイント》

テーピングの目的とは

よく病院、接骨院、鍼灸院などでテーピングを使っているところを見たこと、または実際に使った方もいらっしゃるとおもいます。でもどういった効果があるのか、どういった時に使われるのか。今回はその目的に関してご紹介します。

テーピング

主なテーピングの目的

・ケガの予防、ケガの再発防止、患部の固定やサポート

・リハビリテーション、治療など たくさん存在します。

手首を押さえる

ケガの予防

その中でも使われているのが、ケガの予防です。特にスポーツ外傷と言われるケガの予防に使われています。スポーツ外傷と言っていますが、例えばねんざ、脱臼、慢性的な関節や筋肉の痛み、など日常的に皆さん自身もなったことや、聞いた事があるかもしれません。そういったケガの予防にはとても有効なのです。例えば身近なケガだと手指の腱鞘炎、コレは腱が剣のサヤ〈鞘〉のような物の中を普段は滑らかに動いているのに、使いすぎによって腱とサヤの間で摩擦が多くなって炎症を起こすのです。こういったケガを予防したり症状を軽減、治癒を早めたりする効果があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました