テーピング《目的》

テーピング テーピング
  • 第1回:テーピング《目的》
  • 第2回:テーピング《注意点とポイント》

テーピングの目的とは

よく病院、接骨院、鍼灸院などでテーピングを使っているところを見たこと、または実際に使った方もいらっしゃるとおもいます。でもどういった効果があるのか、どういった時に使われるのか。今回はその目的に関してご紹介します。

テーピング

主なテーピングの目的

・ケガの予防、ケガの再発防止、患部の固定やサポート

・リハビリテーション、治療など たくさん存在します。

手首を押さえる

ケガの予防

その中でも使われているのが、ケガの予防です。特にスポーツ外傷と言われるケガの予防に使われています。スポーツ外傷と言っていますが、例えばねんざ、脱臼、慢性的な関節や筋肉の痛み、など日常的に皆さん自身もなったことや、聞いた事があるかもしれません。そういったケガの予防にはとても有効なのです。例えば身近なケガだと手指の腱鞘炎、コレは腱が剣のサヤ〈鞘〉のような物の中を普段は滑らかに動いているのに、使いすぎによって腱とサヤの間で摩擦が多くなって炎症を起こすのです。こういったケガを予防したり症状を軽減、治癒を早めたりする効果があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました