痛みやしびれでお困りの方はご相談ください

1.当院の基本方針

当院の基本的な治療方針は部分的症状にとらわれず、全身との関連で診療することです。
鬱、不安障害などに対する心のケアも大切に考え、どんな些細な症状もおろそかにしません。
痛み、しびれ、麻痺、冷え等の自覚症状があっても病院の検査で異常が見つからない方、ご相談ください。

2.初診時でもご安心ください

初診時には診察の結果とどのくらい良くなるか、どのくらいの頻度で治療が必要かをご説明し患者様にご納得していただいた上で治療を始めます。
その診察の結果、治療に至らなかった場合は代金は一切いただきません。
また当院のみで十分な対応が出来ない場合は大学病院など適切な医療機関をご紹介します。

3.安心のディスポーザブル鍼

当院で使用する針はすべて使い捨てです。
1本づつ滅菌、梱包されており、使用する直前に開封するので清潔かつ安全です。

初めての方はこちら

冬場の冷え症対策!

冷え症 健康コラム

ひとえに冷え症と言っても、身体の色々な場所で冷え症は起きます。ですが原因や対策はさほど変わりません。

今回は、その冷え症の原因と対策を簡単にご紹介します。
冷え症

冷え症の原因とは

今も昔も、老若男女問わず悩ましている冷え症ですが、なぜ冷え症は減らないのか、それどころか冷え症に悩まされている人は増えています。なぜ増えているのか、それは食生活の乱れ、運動不足、不規則な生活サイクル、睡眠時間の減少など原因は様々です。要するに生活習慣の乱れと栄養不足です!
冷え症

栄養不足って何の栄養が減っているの?

主に現代の食生活で減っているのはビタミン、ミネラルなどです!

タンパク質も必要ですが、皆さんお肉は良く食べていると思います。重要なのは野菜を食べる事は大事ですが、問題は果物で、何が重要かと言うと、例えば、バナナ・スイカ・マンゴーなどは身体を冷やす作用があり。逆に、リンゴ・ブドウ・ミカンなどは身体を温める作用があります。じゃあただ単に季節の果物を食べていれば良いのか、そういうわけでもありません。食べ合わせを気をつければ何も問題はありません!身体を冷やす物と温める物を一緒に食べれば問題はありません。

もちろん!服を重ね着したり、靴下を重ね履きするのも対策の一つです。

これから厳しい寒さが続くと思いますが、皆さんちゃんと冷え症対策をして楽しく冬を乗り越えましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました